Cut5 CAD/CAMシステム|東京都審美歯科技工所「東和技研」

Cut5 CAD/CAM システム

Cut5とは?

メタルボンド

Cut5とは、同時5軸のミリングマシンが特徴的なCAD/CAMシステムのことです。同時5軸のミリングマシンやツインカメラ搭載の白色光スキャナーなどにより、高精度な技工物をスピーディーに作製することができます。

Caracube 3DSによる技工物作成風景

Tizian cut5による技工物作成風景

Tizian cut5鋳造部分

Cut5の特徴

スキャナー「Ceracube 3DS」

スキャナー「Ceracube 3DS」

白色光・ツインカメラによる高解像度&高精度

2台のカメラでデジタル画像を撮影するため、1台のカメラで撮影するスキャナーと比べて非常に高精度。データは白色光による3Dスキャンを用いることで、従来のレーザー・スキャニングより鮮明なデータを取得できます。直感的な操作が可能で、高速スキャンができるのも特徴です。

CADソフト「Ceracube CAD」

Tizian Creative RT CAD Software

製作工程の自動化により短時間でモデリング

ワークフロー管理からCAD構築・製作準備まで、統合的に技工物を作製できます。また、処理能力が早く使いやすいプラットフォームにより、短期間のトレーニングで扱い方をマスターできます。
※オプション品「インプラントモジュール」を用いれば、カスタム・アバットメントやスクリュー固定式ブリッジの設計も可能です。

ミリングマシン「Cut5」

ミリングマシン Cut5

工業界の剛性 と高精度がラボで実現

Cut5は、アンダーカット部のミリングや異なる挿入方向のブリッジなど、ほとんどの歯科材料にオールラウンドで対応できる5軸ミリングシステムです。適用範囲は、限りなく幅広く、高い収益性を保証します。

ファーネス「DuoTron Pro」

ファーネス「DuoTron Pro」

2時間焼結

ジルコニアの製作スピードの短縮により、2時間焼結が可能。コンパクトな省スペース設計で場所を選ばないのもポイントです。単冠、ブリッジ、ジルコニアなど、作製する技工物にあわせて4つのモードを選択できます。

Cut5で制作した技工物

↑Page Top

PICK UP Hot bondを使用しています

ジルコニアには他の素材と結合できず、ポーレセンが焼き付いて剥離してしまう、エッチングができないために接着強度が低いといった欠点がありました。

東和技研では特殊ガラス(シリカ)系の新素材「Hot bond」をフレームに焼き付けることにより、ポーセレンでは対応できない症例、セメント合着では維持できない症例への応用を実現しました。エッチングとシラン処理後にレジンセメントを使用することで、強固(30MPa以上)に接着できます。ポーセレンの剥離もありませんのでご安心ください。

※メリーランドや維持の少ないインレーなど接着が難しい技工物に使用しております

↑Page Top

MAKER LINE UP

Copyright © オールセラミック・東京都の審美歯科技工所・東和技研 All Rights Reserved.